歌 志 内 市 郷 土 館 ゆ め つ む ぎ
YUMETSUMUGI  MUSEUM  OFFICIAL  SIGHT
        
概要・アクセス  むかしばなし
常設展示  特別展・行事
コンテンツ

1.概要・アクセス

2.常設展示

3.特別展・行事

4.歌志内のむかしばなし

5.まちのみどころ

6.ゆかりの作家

7.関連リンク

 

 


なまはげ祭りに合わせ郷土館の無料開放をします
オリジナルのなまはげの顔出し看板を設置しますので
あわせてご利用ください

期日 2月2日(日) 午前10時〜午後5時

なまはげ顔だし


高橋揆一郎文学忌
第12回「氷柱忌(つららき)」

歌志内ゆかりの芥川賞作家 高橋揆一郎を偲ぶ「氷柱忌」の展示コーナーを開設します。

これまであまり公開されることのなかったイラスト原画や、資料を展示し、その足跡を改めて振り返ります。

高橋揆一郎写真 氷柱忌写真 氷柱忌写真2

展示期間  1月26日(日)から2月11日(火)まで


開館時間・休館日

 

開館時間

10時00分〜17時00分

 

休 館 日

毎週月曜日

(祝日が重なった場合は、翌日以降の祝日と重ならない日)

年末年始(12月30日〜1月4日)

 


歌志内駅ホームにあった駅名表示板をゆめつむぎ入口正面に設置
来館者を暖かく迎えてくれます



懐かしの歌志内線(1988(昭和63)廃線)




高橋揆一郎 メモリアルコーナー
常設展公開中

普段目にすることのできない芥川賞正賞の懐中時計や、新田次郎文学賞の気圧計、

「文藝」新人賞腕時計ほか、実際に執筆に使った座卓、文具、

今でも人気の高い炭鉱の人々を描ききった名作「観音力疾走」の直筆イラスト、

愛犬ムービィのパネルなど多数を展示。自らの文学を語った映像も見ることができます。

平成21年1月31日の三回忌にちなみ、市民有志の実行委員会により、作家の命日を偲ぶ

文学忌「氷柱忌(つららき)」が命名されました。

高橋揆一郎が歌志内について語る映像の例


     
作家の息づかいが伝わる実物資料    揆一郎書き下ろし「観音力疾走」       芥川賞正賞を展示